アロマセラピーとアラキドン酸の相乗効果

「病は気から」とはよく言いますが、それは単なることわざではなく精神的にリラックスしている状態に比べて、何かストレスを抱えている状態の方が、思い病になりやすいのは事実です。
忙しい現代人にとっては、過度のストレスを抱える前に、上手に発散し、気持ちを落ち着かせることは大切です。
その点で、アロマセラピーは効果があります。
マッサージや良い香りを楽しむことによって、疲れをほぐして免疫力を高め、外面の美しさを保つだけでなく健康的な毎日を過ごせるようにします。

同じく、体の免疫を高める効果があるのが「アラキドン酸」という物質です。
アラキドン酸は肉や魚類から摂取することができますが、それらを食べた時に脳が発散する快楽物質「アナンダミド」により、アロマなどと同じくリラックス効果を得ることができます。
アラキドン酸は脳の働きも高めるので、仕事などの生産性もアップできます。
まさに「病を気から」防ぐことが可能なのです。

ただし健康的な毎日を送るには、生活習慣の改善が必要な場合もあります。
食生活の乱れや運動不足などは、体に悪いばかりか精神面でもデメリットがあります。
バランスの取れた栄養摂取と、適度な運動を心がけることにより、本当に健康的な日々を送ることができるのです。