アラキドン酸とDHAの効果とは?

私たちが生きていくうえで欠かすことのできない物質に、「必須脂肪酸」があります。
脂肪酸の中でも『多価不飽和脂肪酸』は細胞の働きに大きく関わっています。
それは基本的に「ω-3脂肪酸」と「ω-6脂肪酸」等に分類することができ、DHA(ドコサヘキサエン酸)がω-3脂肪酸、そしてアラキドン酸がω-6脂肪酸に分類されます。
どちらも動物が自主的に生成できない物質で、外部から食事等により摂取する必要があります。
アラキドン酸もDHAも、どちらも健康を促進する効果がある成分として知られています。

まずは、脳の働きです。
どちらの物質も、脳を構成する脂肪酸であり、私たちの思考や記憶などを助けています。
また、それらを摂取することにより、血中のコレステロールや脂肪分を減少させる働きがあり、心臓病などのリスクを下げます。
またアラキドン酸は、免疫機能に働きかけ免疫を高める効果もあります

ただし、両方の物質において注意しなければならない点があります。
それが、必須脂肪酸の摂り過ぎです。
摂取過多により、心臓病や動脈硬化など、血管に異常をきたすことによって生命に関わる病気を招いてしまう可能性が指摘されています。
食生活において、偏りのないバランスのとれた栄養摂取が必要なのです。