牛肉が持っているアラキドン酸

いろんな食品に含まれる『アラキドン酸』という物質を御存じでしょうか。
この物質、私たちがものを『考える』上で欠かせない要素でもあるのです。
なぜでしょうか。
このアラキドン酸は、神経細胞を構成する成分の一つであり、脳が持つ学習能力、記憶力などに深くかかわる「必須脂肪酸」だからです。

脳や肝臓、腎臓など、生きる上で欠かせない各臓器にこの成分が含まれています。
しかし、なかなかこの成分は、生み出すのが難しい物質です。
ですから、私たちが毎日行う『食べる』という行為によりそれを補うことが必要なのです。
では、どんな食材によってアラキドン酸を補うことができるのでしょうか。

その一つが、牛肉や豚肉などの肉類です。
肉類にはアラキドン酸が豊富に含まれており、私たちの血液となるばかりでなく、『アナンダミド』という快楽物質に変化するため、『食べる』ことの楽しみを実感させてくれる物質でもあります。
それだけでなく、アナンダミドの発散には精神を落ち着かせ、思考力や記憶力の向上などと言った効果も期待できます。
このアラキドン酸を摂取したことによるメリットは、研究機関の研究においても報告されており、摂取した人に脳の働きが向上するなどの働きが確認されています。