アラキドン酸は哺乳類に必要不可欠な成分

私たちは普段意識することはないかもしれませんが、一つの会社が多くの社員や多様な設備、的確な指示によって成り立っているように、私たちの体も多くの物質やそれらの働き、脳からの指示によって生命を保っていることは理解に難くありません。

さて、私たちの体を一つの会社ととらえると、欠かせない設備があります。
コンピュータやプリンターなどの設備が正常に働くにはそれらの機器自体が正しく構成されている必要があるのと同じように、私たちの体が必須とする物質があります。
その一つが、「必須脂肪酸」です。
それには「アラキドン酸」や「ドコサヘキサエン酸」などが含まれますが、それら必須脂肪酸は私達の体が正常に生産活動を行えるように助けます
免疫や生殖機能の調整などです。

しかし、設備も出資・購入して使用しなければ意味をなさないのと同じように、アラキドン酸などの必須脂肪酸は、哺乳類は自分で生成することができず、仕事を行えません。
それで私達は
外部からアラキドン酸等を摂取する必要があるのです。
それにより、免疫や生殖などの機能がより正しく運用されることとなります。

正しく設備が運用されて、生産活動を行うために必要なそれらの物質を摂りすぎて、運営がパンクしてしまわないように、食生活には注意を払う必要があります。