免疫力向上に貢献してくれるアラキドン酸

免疫力が高いと、菌やウイルス、その他の害となる病原菌等から私たちの体を守ってくれます。
いわゆる、外部からの侵入経路にシールドを張り、たとえ病原菌が侵入しても、戦う準備が整っている状態が、免疫力が高い状態です。

私たちの脳や肝臓などに含まれる「アラキドン酸」という成分は、そういった、体の免疫機能などを調整する働きがあります。
アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸で、細胞を構成する物質の一つです。
アラキドン酸は特定の作用によって「アラキドン酸カスケード」という、いわば滝のように変化する状態に入り、他の物質と作用して「プロスタグランジン」という生理活性物質(体の生理的な部分へ作用する)へと変化します。
アラキドン酸を元としたそのプロスタグランジンの働きにより、体の免疫機能を調整、コレステロール値の下降、アレルギー症状からの保護などの役割を果たします。

このように、アラキドン酸は体が健康でいるために欠かせない成分なのですが、摂取のし過ぎは、免疫を調整、コレステロール値を下降―などのメリットが逆に作用してしまうといった危険性もあります。
過剰摂取によりアトピーを発症、またガンを発病するといったおそれもあることから、摂取量には注意が必要だということが分かります。