濃度のアラキドン酸の詳細

体内で生成される「アラキドン酸」という物質は私達の生活において欠かすことのできない物質です。
脳や肝臓など生命に関わる臓器を構成する物質の一つであるそれは、私たちが無意識に行う学習や記憶と言った動作に深く関係する物質です。

アラキドン酸には、体内の免疫細胞に作用して、免疫力を向上させる働きがあることが分かっています。
血中に含まれるアラキドン酸の濃度が高いほど働きは強まります。
アラキドン酸が免疫を調整する働きを持っているのは、ホルモンである「プロスタグランジン(2)」という物質に変化することに関係しています。

ただし、アラキドン酸の濃度が上昇しすぎると、今度は体に悪影響を与えてしまいます。
外部からの、アラキドン酸の過剰摂取により濃度が高まると、コレステロール値の上昇や、肥満、アレルギー、アトピー、動脈硬化などのリスクが高まります。
アラキドン酸の濃度が高すぎないようにするには、食事のバランスを保つことが必要です。

野菜からほぼ摂取できないアラキドン酸ですが、それを多く含む肉の食べ過ぎやサプリメントの多用は危険です。
魚にも多く含まれますので、どちらかと言えば魚から多く摂取することが望ましいでしょう。