アラキドン酸と乳児用調整乳の関連性

乳児の時に摂取する栄養分は、その後の成長過程にも大きく影響するので、とても大切な時期と言われています。
乳児が必要としている栄養分の一つに、『アラキドン酸』があります。
アラキドン酸は、食事から取り入れる必要のある必須脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)の一つです。
このアラキドン酸には、乳児の脳の成長また身体の成長を促す働きがあります。

また、心因性やその他の原因に伴う乳児の異常行動を防ぐ働きもあります。
このアラキドン酸の働きが改めて認められることになったのは最近の事ですが、実際に販売されている粉ミルクにはこのアラキドン酸が含まれています。
また、母乳にもその多くが含まれています。
乳児がそれらを口にすることは生物学上理にかなったことだと言えます。

効果があるのは乳児だけではありません。
大人、また老齢になってからもアラキドン酸を摂取することによって思考力や記憶力などに改善が見られたという報告があります

大人になった場合粉ミルクや母乳を口にすることはありません。
どのように摂取することができるのでしょうか。
実際、私たちが普段食べる肉類や魚類でその多くを摂取できます。
また、サプリメント等でも摂取できますが、過剰摂取しないよう気を付けるべきです。