アラキドン酸の欧米の考え

日本人の平均寿命が、数年連続で世界一に輝きました。
WHO(世界保健機関)の報告により、それが世界中に知られています。
まさに、長寿の国として今や世界で知られているのです。
平均寿命が高い原因は色々考えられますが、やはりキーポイントとなるのは、「食生活」でしょう。
中でも日本人に摂取量が多いとされているのが、「魚類」です。

魚には多くの栄養分が含まれています。
必須脂肪酸の「アラキドン酸」もその一つです。
アラキドン酸には、免疫機能の調整や脳の働きを向上、またコレステロールを下げるなどの効果があります。
個人差はありますが、私たちは普段の食事によって、そのほとんどのアラキドン酸必要量を賄えています。

欧米人の食生活の特徴として、「魚の摂取量が比較的少ない」ことが挙げられます。
日本人は焼き魚や刺身などでの、魚の摂取量が特に多いのです。
最近は食の欧米化が進んではいますが、やはりその良い習慣は根強く残っており、実際に魚を食べることに関してためらいが無いという特徴もあります。

欧米では動脈硬化や脳梗塞などの疾患が特に多いことからもそれが分かるでしょう。
私たちがいつもバランスの良い食事を行い、日々を健康に生きることが、どれだけ大切なことかが実感できるのではないでしょうか。